FC2ブログ
フィルムカメラのブログ
フィルムカメラで撮った写真をアップしてきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vivitar ULTRA WIDE&SLIM(青)
Vivitar Ultra Wide 青
4台目です。Vivitar ULTRA WIDE&SLIM青)です。

ハイマティックやスメ8があれば必要ないと思う人がいるかもしれませんが、
このカメラなかなかやります。

一番の特徴は22mという広角レンズ。
そこまで入るのかというぐらい広角なため風景など撮る際はとても使いやすい。
あととても小さく軽いため持ち運びに便利!!

フィルムカメラである意味最強なのかもしれない。

弱点はシャッタースピードや絞りの調節ができないため暗いとこでの撮影や露出がアンダー、オーバーで撮れてしまうことがしばしば。天気がいい時は大体綺麗に撮れます。

『Vivitar ULTRA WIDE&SLIMとは??』
アメリカを本拠とする、カメラの卸や自社製造カメラの販売を行う多国籍企業「Vivitar」のロゴが入ったコンパクトプラスチックカメラ。
この手のコンパクトカメラには他に類を見ない、f=22mmという超広角のプラスチックレンズの描写が、トイカメラユーザーの心をつかんだ人気の「トイカメラ」です。



オールプラスチック製のそのボディは、名前の通りスリムで小さく、かばんの中にいつも忍ばせておけるのが魅力。また、そのサイズよりも特筆すべきは、わずか75gという軽さ(フィルム未装てん時)。 初めて手にするときは、あまりの軽さに不安になるほどでしょう。



肝心の描写ですが、さすがに22mm。広角でゆがんだ世界が楽しめます。 遠景と近い対象物を構図に入れて撮ると、そのワイドアングルが分かりやすく楽しめると思います。 また、トイカメラの楽しみ方のひとつである「トンネルエフェクト」も期待できます。
ちなみに、レンズ部はまるでフォーカスか、絞り値を設定できそうなダイヤル状になっていますが、これはデザインのみ。当然回せませんのであしからず。

絞りF値およびシャッタースピードは公開されていないようなので不明ですが、他のトイカメラ同様とてもチープなプラスチックレンズですので、暗いところ、屋内などでの撮影はあまり得意ではないようです。 明るい太陽の下での撮影をお勧めします。
スポンサーサイト

テーマ:トイカメラ - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://assano.blog111.fc2.com/tb.php/6-73e08df4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。