FC2ブログ
フィルムカメラのブログ
フィルムカメラで撮った写真をアップしてきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

smena8M
Smena-8M.jpg
カメラ2機目はsmena8M。通称スメ8です。
HOLGAを使っていて、120フィルムは12枚撮り(6×6)なためパシャパシャ撮ると、
お金が飛んでしまいます。腕を磨くためにもたくさん撮りたいを思い24枚撮りや36枚撮りがある、
35mフィルムカメラが欲しくなりました。

HOLGAしか使ったことがない(デジカメは別ですが)自分にとって、絞りやシャッタースピードは
全く意味がわりませんでした。そのため最初の写真は残念な結果に・・・。
皆最初はこんなものですよね。

でも明るさや距離の感覚や意味合いを理解できて、他のカメラも使えるようになりました。
本当に勉強させてもらった1台です。

トイカメラはやりたいという人は120フィルム(真四角写真)にこだわりがなければこっちのほうがオススメです。下記にもありますがHOLGAとあまり変わらない値段で買うことできること。カメラが勉強できること(絞りやシャッタースピードなど)それにあんまり他の人が持ってないという優越感wがあるので良いかと思われます。

詳細は下記参照でお願いします。


『smena8Mとは??』
スメナというシリーズの中で、特に人気と定評のあるカメラがこれです。
その人気の理由は、見た目やつくりのチープさとは裏腹な「T-43」と表記された40mm・F4のレンズ。トイカメラとは思えない写りの良いレンズで、このカメラの実売価格6000円程度のうち、5000円程度がこのレンズの価格では?といわれるほど。その代わり、普通にフィルムを入れて普通に撮ればごく普通のコンパクトカメラで撮影したような写真が撮れてしまいます。
また、カメラで撮る楽しみを存分に味わえる、フルマニュアルという点も魅力のひとつ。
露出、シャッタースピードの設定はもちろん、フィルムの巻き上げ、シャッターチャージも自分で都度行う必要がありますが、これらは同期していないので結構面倒です。ただその反面、シャッターチャージだけを行えるということは、多重露光写真が簡単に撮れるということで、そういった表現を多用したい人には実に便利で面白いカメラということになります。
露出・ピント(被写体までの距離計測)はもちろんすべて目測で。単体の露出計を使用するのももちろんいいですが、トイカメラの面白さを味わうには、距離や光の感覚を常に気にしながら写真を撮る・・というのも趣があって良いですよね。
絞りはフィルム感度を設定すれば自動的?に設定されるのでOK、シャッタースピードも分かりにくければお天気マーク(晴れ・曇りなど)をそのときの状況に合わせて設定すればいいという親切(大雑把?)設計ですので、難しく考えなくても大丈夫です。
同じLOMO製でも、撮りたいときに最小限の事前設定で気軽にパシャパシャスナップが撮れるLC-Aとは違い、スメナはじっくり被写体と向き合って、時間をかけて1枚1枚撮る、というスローテンポなカメラだと思います。

このスメハチを使用する上で、撮り終わったあとの「フィルムの巻き戻し方が分からない」という質問が最も多いようですが、答えは「シャッターボタンを押しながら巻き上げる」ということ。ロシア(ソビエト)製カメラの多くがこのシャッターボタン&巻き上げレバーという組み合わせなんですね。
現在は製造終了していますので、手に入るのは、中古品かデッドストック(新品)のみとなります。特に80年代前半頃に製造されていたベークライト素材のスメハチは希少価値が出てきています。実売価格6000円程度。
スポンサーサイト

テーマ:トイカメラ - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://assano.blog111.fc2.com/tb.php/4-48ac20ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。